DHA&EPAの摂り方

健康のためにDHA&EPAについて学びましょう…

INFORMATION

DHAとEPAはサプリメント以外からも摂れる

生魚

DHAとEPAの成分がたっぷりと含まれる食材についてです。
このDHAとEPAという成分は海の中で自由に動き回る青魚に多く含まれているのです。
背中が青い魚のことを青魚と言って、わかりやすく言えば光っている魚のことですね。秋刀魚やアジなどです。
しっかりと健康成分を摂りたいのであれば、生で食べるほうが多く摂取できるので刺身はおすすめですね。
意外と魚の缶詰からも摂れるとも言われています。それでもサプリメントのほうがお手軽だとは思いますが、食材からも摂るとよりたくさんの成分が吸収できるから両方から摂るというパターンもありなのかな。 毎日、魚を食べる習慣をつけるようにすると良いと思いますが、それも中々ムリがありますよね。

魚以外からもDHAとEPAは摂ることができますよ

健康効果がスゴイ。と多くの方から支持される大人気の成分のDHA&EPAですが、このDHA&EPAは魚、特に青魚に多く含まれていることで知られています。
では、魚以外には含まれていないのでしょうか。
決してそんなことはなく、その他の食品にも含まれている成分です。
牛肉、豚肉、鶏肉等にも含まれていますが、くじら肉の含有量はその中でも突出しています。
藻類には割と豊富に含まれていて昆布や青のりに多く含まれています。
また、卵の卵黄部分に豊富に含まれているので、卵製品は豊富に含まれています。

EPAを含む食品とは、青魚がイイ。必見、生食と調理食の含有量

この成分は、どちらも青魚に多く含まれている食品です。
特に多いのはマグロの脂身部分で、100g当たり1972mgも含まれています。次いで、真イワシが1381mgとなっています。
効率よく摂取する場合は、生食が一番です。煮物や蒸し物などで調理をする時は、煮汁に脂が溶け出しているので、一緒に食べるようにしましょう。ただし、脂が溶け出してしまう揚げ物は向いていません。
そして、缶詰からも摂ることができます。スーパーなどで簡単に手に入るあれです。DHAとEPAが多く含まれています。こちらも煮汁ごと食べましょう。しかし、ツナ缶に使用されている脂はサラダ油のことが多いので、含有量はあまり高くありません。