DHA&EPAの摂り方

健康のためにDHA&EPAについて学びましょう…

INFORMATION

DHAとEPAはサプリメント以外からも摂れる

生魚

DHAとEPAの成分がたっぷりと含まれる食材についてです。
このDHAとEPAという成分は、海の中で自由に元気に動き回る青魚に多く含まれています。背中が青い魚のことを青魚と呼び、わかりやすく言えば光る魚のことです。秋刀魚やアジやイワシなどです。そして、しっかりとこのDHAとEPAの健康成分を摂りたいのであれば、これ等の青魚を生で食べるほうが多くその成分は摂ることができるのです。ですから刺身はおすすめです。意外と知られていないのが魚の缶詰からも十分摂れることです。それでもやはりサプリメントのほうが、効率良く摂れてお手軽です。食材からも摂ると、よりたくさんの成分が吸収できるから両方から摂るというパターンもありです。毎日、魚を食べる習慣をつけるようにすると楽に摂れると思いますが、毎日魚を食べるということは中々ムリがあります。多くの方はサプリメントを選びます。

魚以外からもDHAとEPAは摂ることができます

「健康効果がスゴイ」と多くの方から支持される大人気の成分のDHA&EPAですが、このDHA&EPAは魚に多く含まれていることで知られています。では、魚以外には含まれていないのでしょうか。決してそんなことはなく、その他の食品にも含まれている成分なのです。
牛肉、豚肉、鶏肉等にも豊富に含まれていますが、くじら肉の含有量はその中でも突出しています。藻類にも、割と豊富に含まれていて昆布や青のりに多く含まれています。
また、卵の卵黄部分にもたっぷり含まれているので、卵製品は豊富に含まれています。

EPAを含む食品とは、青魚がイイ。必見、生食と調理食の含有量

この成分は、どちらも青魚に多く含まれている食品です。特に多いのはマグロの脂身部分で、100g当たり1972mgも含まれています。次いで、真イワシが1381mgとなっています。効率よく摂取する場合は、生食で摂るのが一番です。煮物や蒸し物などで調理をする場合は、煮汁に脂が溶け出しているので一緒に食べるようにしましょう。ただし、脂が溶け出してしまう揚げ物は向いていません。

DHAとEPA成分が脳の健康に有効

昭和の頃から「魚を食べると頭がよくなる」といった話があります。日本人はその頃から医学や生理学や物理学の世界で優秀な成績を残し、国土が狭い国ながらも欧米諸国に負けない学力があることを世界に印象づけていたのです。魚に含まれるDHAとEPA成分が日本人の学力向上に役立ったという説は有名ですが、実は頭が良くなる効果のみならず、DHAには脳の潜在能力を引き出す作用もあるということが分かったのです。脳を元気にする効果がDHAには備わっており、単純な学力ではなく、発想力や論理的思考能力や創造力を引き出す効果があり、研究者や受験生といった脳を使う方達にはとても役立つ作用が存在しているのです。

軽度認知障害はDHAとEPA不足が原因
DHAやEPAの健康成分が体内で不足することによって「軽度認知障害」の発生率が高まるといわれています。DHAとEPAは、認知症の予防や改善をサポートする働きがあり、それ以外にもいろいろな病気の改善にも役立つ大きな働きがあります。健康を意識しだしたら、この2つの成分が摂れる食生活習慣を始めてみてはどうでしょうか。

DHA(EPAも体内でDHAに変換される)は脳、特に脳神経に多くある成分で、加齢による記憶力などの認知機能の低下、さらには認知症の予防に役立つことが期待されている。DHAとEPAはサバやサンマ、マグロ、サケなどの青魚に多く含まれる。「世界中で毎分1人以上の人がアルツハイマー病と診断されています。治療法を発見するための多くの研究が進行中ですが、根本的な治療法はみつかっていません。アルツハイマー病を予防し、発症を遅らす方法をみつける研究が重要です」と、米国のロードアイランド病院のロリ ダイエロ氏は言う。 出典:dm-net.co.jp

DHAとEPAの健康に関する働きの違いとは

DHAとEPAは同じサプリメントに配合されていることが多い成分ですが、厳密にいうと働きに違いがあります。DHAは、脳の血液関門を通って脳の海馬に運ばれ、記憶の健康に関する働きがあります。EPAに関しては、中性脂肪を下げる効果があると言われています。この2種類の成分というものは、同時に摂取するとそれぞれの働きを補い合って相乗効果が期待できると言われているのです。

効果的な摂取方法は食後に飲むことと、継続して飲み続ける事が重要です。食後に摂る理由は、食事に含まれている栄養素を体が吸収しやすいタイミングなので、DHAやEPAも効果的に吸収されやすいと言われています。

肝機能改善にはDHAとEPA成分を摂ろう

肝機能障害のリスクを低下させるために、DHAやEPAなどの健康成分を多く含む食材を積極的に摂ることをおすすめします。それらを毎日継続的に摂ることにより、将来的な病気の予防につながります。最近では、このDHAとEPAの2つの成分がたっぷりと配合されているサプリメントや、ドリンクなどを利用している人が増えてきており、健康になろうとする方の意識が高まっています。特に肝機能の状態は、自分では判断をすることができないため定期的に健康診断などを受ける必要があります。そして体調管理を整えるように、日ごろからDHAやEPAなどの健康成分を多く含む食材を食べるようにし、足りない分はサプリメントなどで補うようにしましょう。

DHAやEPAは勃起不全の予防になる

「勃起不全」でお悩みの方にDHAとEPA成分をおすすめします。血液の集合体が勃起力を構成するため、常に血液の状態をサラサラに維持することが精力減退を抑えるコツだといわれています。DHAとEPAをおすすめする理由としては、この成分には血流の健康を良くし、細胞の代謝を上げてくれる働きがあります。また肥満を予防する運動効果を高め、体を太りにくい体質に変えてくれます。この肥満というものは、勃起不全を促進するものなのです。このことから予防と健康を維持するためにも、この2つの成分はおすすめなのです。将来、ED治療薬に依存したくない方は、元気で健康なころからDHAとEPAを体内に摂り入れる習慣が必要です。

DHAは赤、EPAは白

DHAやEPAという成分は、健康管理にとても役立つ栄養素です。一般的な魚などにその成分はたっぷり配合されています。DHAは主に赤みの魚介類に多く含まれており、EPAは反対に白身魚にに多く含まれています。健康のために食事の一品として、これらの魚を毎日食べるようおすすめします。

DHA成分が脂肪を燃焼させる働きを助ける
体についてしまった脂肪は、脂肪酸に分解されないと燃焼することができないものです。分解させるために「リパーゼ」と呼ばれる酵素の働きを活性化させることが必要です。DHA成分には、このリパーゼを活性化させる働きがあるため効率よく脂肪燃焼することができるのです。

DHA・EPAサプリメントの口コミ情報は参考程度で良い

DHA・EPAサプリメントの効果というものは、実際に試してみないとわからないものなのです。口コミサイトなどの情報は参考程度の感覚で良いと思います。サプリメントというものは薬とは違い、あくまでも健康をサポートするという考え方で良いのです。効果を感じる人そうでない人と十人十色といったもので、確実に健康効果が出るものではありません。薬との違いを知り勘違いしないようにしましょう。

DHAサプリメントの臭いについて
「DHAは青魚に多く含まれる成分なので青魚同様にサプリメントも魚臭いのでしょうか」という疑問に関して。DHAサプリメントは、有効成分と添加物のみが含まれているため魚臭いにおいの原因となる物質(ヘキサナール)は含まれていません。DHA成分自体が魚臭さの原因というわけではないのです。ですから、DHAサプリメントには魚臭というものは一切ありません。

DHA・EPAサプリメントで健康サポート

DHA・EPAサプリメントは健康食品のため、その効果を得るためには継続的に服用する必要があります。効果が出ないと言われる方もいますが、これは医薬品ではないので、効果が全く出ないということもあります。この成分は健康維持や生活習慣病予防のために摂るべきものですが、健康になったその後も継続的に摂りたいものです。健康をサポートするお手伝い的なポジションとして考えましょう。

サプリメントは定期コースでの購入がおすすめ
DHA・EPAサプリメントは定期コースで購入するのがおすすめです。定期コースは割引価格が適用されますし、商品によっては送料も無料になります。また、買い忘れを防げるというメリットもありますから、長期的に飲むためには是非定期コースを利用しましょう。単品購入だとついつい購入を忘れてしまい、そのままやめてしまうケースが少なくありません。継続して飲むことを考えると定期コースはおすすめです。

EPAはDHAを支えている

DHAとEPAの働きによって、血液がサラサラになり健康効果を得られるのです。DHAは脳内を駆け回る栄養成分で、その働きがあらゆる脳の活躍をサポートしています。じつは体の中で、DHA成分はEPA成分によって生産されているのです。DHAが重宝されがちですが、EPAがしっかり支えているという関係性がちゃんとあります。そして、これら2つの成分はサプリメントから摂ることがおすすめです。理由としては、サプリメントで摂ると酸素に触れることがないので劣化がしにくく、新鮮なまま体内に入るためその効果も絶大ということになるのです。

プリン体が気になる方は魚よりサプリメントを選ぼう

DHAとは「ドコサヘキサエン酸」EPAとは「エイコサペンタエン酸」どちらも脂肪酸の種類です。そして、DHAとEPAはいずれも魚の油に多く含まれています。ですから、魚を多く食べればDHAやEPAの成分をたくさん摂取できることになるのですが、ここに別の問題があります。それは、魚をたくさん食べるとプリン体も多く摂取してしまうことになるという問題です。尿酸値を気にしている人、痛風の症状のある人には、魚をたくさん食べるというものはおすすめできません。ですが、サプリメントでDHAやEPAを摂れば話は別です。サプリメントの中にはプリン体は一切含まれていませんから、安心して摂取できます。尿酸値が気になる方はサプリメントを選びましょう。

脳に効くDHAと認知症の研究

DHAという成分は、脳機能を円滑にする効果を持ち、認知症予防にも大きな期待があると言われています。しかし2013年9月、アメリカの研究機関によってこの成分が認知症予防に関与しないとの報告がなされました。その研究では日頃、栄養素や健康といったものに気を配っていない人に比べ、DHAやEPAをサプリメントなどで積極的に摂っている人の方が認知機能が高いという結果が出たものの、そういった人達から生活環境や人種的特性を除外すると、両者とも認知機能に差違は認められなかったのです。つまりはサプリメントで積極的にDHA成分を摂っていたとしても、飲酒や喫煙、運動不足などの生活習慣の乱れがあれば、ほとんど意味が無いという事になるのです。しかしながらこの研究は、子宮を摘出した女性のみを対象としている研究だったため、その報告の信頼性も微妙なものではあります。

「きなり」EPA・DHAサプリメントは魚嫌いでもイケる

「きなり」という、EPA・DHAサプリメントのおすすめ話です。魚の味が嫌い、においが臭いといった理由で、健康成分がたっぷり入る魚を食べないという方は多いです。その結果、最近の日本人はEPAとDHAが体内で不足していると言われているのです。これらの成分が体内で不足しがちになると、様々な病気の原因を作る結果となる場合があるのです。おすすめのこのEPA・DHAサプリメント「きなり」というものは、自社の独自製法で研究に研究を重ねてオレンジエキスとの強力タッグで、魚臭さを無くすことに成功した優れたサプリメントなのです。ですから、魚が苦手という方も安心して健康有効成分が摂れるサプリメントなのです。

「大正DHA・EPA」サプリメントのすすめ

「大正DHA・EPA」サプリメントの配合成分は、魚に多く含まれるDHAとEPAを主体として配合されたものです。それ以外に、タンパク質、脂質、炭水化物、ナトリウムといった成分も含まれている優れた健康食品なのです。大正DHA・EPAサプリメントは1回分の個別包装となっており、DHAとEPAを体内でも溶けやすいカプセル状にしゼラチンやグリセリンで保護しています。他にもDHAとEPAは酸化されやすい性質を持っているため、その酸化を防ぐためのビタミンEといった酸化防止剤を配合している特徴もあります。摂取の目安である5粒でもカロリーの取りすぎにはならないので体にやさしいサプリメントです。

サプリメントのランキングサイトは便利に使える

DHA・EPAサプリメントを紹介するランキングサイトは便利に使えます。健康食品のランキングサイトというものは、インターネット上にはたくさんあります。そして、サプリメントをはじめて利用する方はとても参考になるものです。多くは成分量や値段といった順位で紹介されるものがほとんどで一目で選べるようになっています。無料お試し情報など、お得なキャンペーン情報も紹介されています。DHA・EPAサプリメントをお得に購入したい場合はランキングサイトを参考にしましょう。

DHA・EPAサプリのランキングを確認することにより、短時間で人気商品の特徴を把握することが出来ます。特に、大手のメーカーから発売されている商品は、品質管理に優れており、安全性が高く当サイトでもおすすめしております。DHAサプリ館の各メーカー詳細ページでは、「売れ筋」、「DHA含有量」、「満足度」、「ブランド力」という4つの指標を独自に設けさせていただき、横棒グラフで総合スコアを出しております。そちらも是非参考になさってください。 出典:epadha.biz