DHA&EPAはサプリメントから摂る方が楽だよ

健康のためにDHA&EPAについて学びましょう…

INFORMATION

よく“DHA・EPA”って聞くけどいったいどんな効果があるの

サプリメント

DHA、EPA、は良く聞く物ですが、どんな効果が期待できるのかというと、血管や血液に関する病気などには、とても効果があるのです。
血液をサラサラにする事が出来る成分なので、心臓病や、脳卒中にとても有効的な物で、その他にも高血圧や、ボケの防止、また頭の回転が良くなるなど、色々な期待が出来るのです。
血流を活発にする働きもあり、血液の健康を大きく支える役割を果たしているのです。 体内でDHA、EPAが不足してしますと血液に関する障害がいろいろと起こるので過剰になり過ぎないように摂取した成分なのです。これからDHA、EPAについていろいろと考えていきましょう。

医学研究からわかった。DHA・EPAの正しい効果と活用法

会社や学校に少なくとも一人は存在しているのが怒りっぽい人です。
医学研究の結果、こうした怒りっぽい人というのは血液の中にDHAが慢性的に少ない事が判明しています。
実際に、大きな事件などに繋がってしまった事例を調べてみると、加害者は魚を食べる習慣が無くDHAが不足している事がわかりました。
怒りを感じるのはとても体力を必要とするので、健康という観点から見た場合でも好ましくありません。
そこで、気持ちを穏やかにする効果があるDHAを積極的に食すようにすると、暴力的な性格が抑制されるようになり、当事者としても過ごしやすくなります。あなたの周りに怒りっぽい人がいたら、DHA・EPAの話をしてあげてみてはいかがでしょうか。

DHA・EPAと青魚の関係

「DHA・EPAと青魚の関係」などと掲げていますが、両者の関係は簡単でDHAとEPAは魚に多く含むというものです。健康効果が高いので騒がれはじめているのです。昔は食卓に魚料理が並んでいたのですが、現代ではなかなか見かけなくなった現状ではないでしょうか。食事の一品としてお刺身などの魚料理を取り入れて、健康対策をはじめましょう。

DHAを含む食品:DHAを豊富に含むお魚や缶詰

DHAを多く含むお魚や缶詰は、健康意識の高い日本人からの圧倒的な注目が集まっており、早いうちから購入先のメリットをじっくりとチェックすることがおすすめです。
ひと昔なら、食事のメニューの中に魚缶詰というものはダメなイメージでしたが、今は健康のために積極的に食べることがすすめられているのです。それだけ、魚が健康に良いものだということになりますね。

【DHA・EPA初心者ガイド】 DHA・EPAを含む食品

DHAとEPAは体を健康に保つ成分として積極的に摂った方が良い栄養素です。初心者の方の場合、マグロやブリ、マイワシといった青魚にのみ含まれていると考えますが、この他にDHAやEPAが含まれた食品があります。
多く含まれている食品には、いくらやたらこといった魚卵類、かまぼこ、ツナ缶、魚肉ソーセージ、脂身のある豚肉、栗やくるみがあげられます。魚の缶詰類もおすすめで、身はもちろんのこと汁まで残さずに全てを食べ飲みほすのも良いとされています。

コレステロール値を下げるサプリ、DHAとEPA

DHAとEPAは、自然界では魚油に多く含まれる脂肪酸です。ヒトの体内においては血中に存在して、その役割を果たしています。
具体的には血中のDHAは赤血球や血管の柔軟性の維持に関与しており、EPAは血小板の働きを調節して過剰な凝固作用で生じる血栓を予防する役割を担っています。
これらの働きが充分に発揮されると、スムースな血流の維持に繋がる事から、結果的にコレステロール値の調整に繋がります。特に高過ぎる際の降下に対して、その効果を期待出来ます。
前述のように魚油を魚経由で摂取する事で補給可能ですが、1日に充分な量を補給するには魚種によっては現実離れした量を食べる事も必要となってしまいます。そこで両者を共に配合したサプリメントの利用が、コレステロール値のコントロールに有用と言えます。

DHAとEPAがコレステロール値を下げるというのは本当かなぁ

青魚などに含まれるDHAとEPAを摂取するとコレステロール値が下がると言われていますが、それは果たして本当なのか。
肝臓で作られるコレステロールと中性脂肪は、その時にお互いが合体した状態にあるのです。合体した状態でないと体内には運ばれないのです。運ばれる流れの中で徐々に互いが離れるのが特徴なんです。そして、この肝臓内で作られる時にDHAとEPAの効果が働きその量そのものが減らされ、結果的に数値が下がるということになるワケなんですよ。

魚油(DHA/EPA)の抗うつ効果は正に奇跡的

精神的に健康で鬱になりにくい人は、どう言った生活をしているのか調べた所、良く魚を食べる場所や国に住む人々が、それに当てはまると言った結果が出ました。 とうことは、鬱で悩んでいるなら魚を食べると良いということになりますね。魚油が鬱対策に良いのです。DHAやEPAは魚から摂取できるから、毎日食べるようにしましょう。 しかしDHAやEPAが鬱に効果を発揮すると言っても、実の所それ単体では全く意味がない様です。ビタミンB群と合わせて摂ることで初めて、きちんとした抗鬱作用が現れます。本来鬱患者の脳が必要としている栄養素は、ビタミンB群です。DHAやEPAはそれを確実に脳に届ける為の、手伝いをする成分です。

うつ病をDHA・EPAサプリで改善する

日本では「うつ病」問題が大きな話題になっていますよね。
最近では欧米でも、その悩みを抱えている人が増えているようなのです。
日本では病院に通ってうつ病対策をはじめる方のほうが多いのですが、欧米ではDHAやEPAサプリなどの健康食品で対策するのが主流なのです。
この違いはよくわかりませんが、確かにDHAやEPAサプリはうつ病予防に良いとされていて、その効果もしっかり出ると言われていますからね。すべてのうつ病患者に効くことは難しいと思いますが、飲んで楽になる効果が期待できるのなら試すのもありではないでしょうか。

DHA・EPAで痩せる。運動なしでも簡単に痩せられる秘密を暴露

「サプリメントを使うダイエット」ってよく聞きますよね。DHA・EPAサプリメントにもそんな話があるのです。これらの成分が血液の働きを良くするということに注目して、その結果、痩せる効果があると結びつけたのです。
DHAとEPAには、血液が病魔に襲われることを防ぐ働きがあります。この血液が健康になるということは、身体が太りにくくなるという要素があるため、ダイエットにつながるということになるのです。「秘密を暴露」なんて掲げましたが、大したことないでしょう。